時事ネタ・ニュース

緊急事態宣言でバスタ新宿が大混雑はフェイクニュース!実際はガラガラだった!

バスタ新宿 混雑 デマ

2020年4月7日の緊急事態宣言を受け、日刊スポーツが出した記事が話題になっています。

日刊スポーツは、高速バス乗り場”バスタ新宿”が大混雑で、県外へ脱出する人が殺到という記事を掲載。

しかし、実際の”バスタ新宿”はガラガラだったようです・・・

緊急事態宣言でバスタ新宿が大混雑はデマ!

バスタ新宿 混雑 デマ

緊急事態宣言とともに都内のターミナル駅や空港から「東京脱出」が増えた。

JR新宿駅に直結する日本最大級の高速バスターミナル「バスタ新宿」は7日、利用客であふれ、高速バス乗り場には大型キャリーバッグや荷物を手にした人が目立った。7日午後9時40分新宿発~岩手・盛岡駅に8日午前5時5分着の便は、夕方には残り席はわずか。ネット予約で1人3200円からと、格安料金のためか若者の姿が目立った。

引用:日刊スポーツ

日刊スポーツの記事では、

  • 4月7日は利用客で溢れていた
  • 大型キャリーバッグや荷物を手にした人が目立った
  • 若者の姿が目立った

とあります。

本当に”バスタ新宿”は混雑していたのでしょうか?




バスタ新宿、実際はガラガラだった!

日刊スポーツが、18時前の取材内容を19時半に記事にしています。

しかし、18時45分頃のテレビ中継では、ガラガラの”バスタ新宿”が映し出されていました。

バスタ新宿 混雑 デマ

”バスタ新宿”の混雑状況をGoogleで調べてみると、「通常に比べて混んでいません」と表示されています。

バスタ新宿 混雑 デマ

これではマスコミは

本当に取材したのか、疑わしいですよね^^;




ネットには”バスタ新宿”の混雑状況の投稿が多数!

”バスタ新宿”では、ほとんどの高速バスが運休状態になっています。

”バスタ新宿”の混雑状況を調べてみると、SNSにはやはり「ガラガラだった」という声が目立ちます。 

緊急事態宣言発令前後の”バスタ新宿”の混雑状況を調べてみました。

緊急事態宣言発令前の”バスタ新宿”は?




緊急事態宣言発令後の”バスタ新宿”は?




”バスタ新宿が混雑”はフェイクニュース!

「”バスタ新宿”が混雑で若者が県外へ脱出している!」という情報は、フェイクニュースだという事が分かりましたね。

緊急事態宣言が出された夜も、報道陣が多く詰めかけた以外は閑散としていたようです。

今は自分でもしっかり情報を集められる世の中なので、安易にニュースを鵜呑みにしてパニックにならないようにしたいですね。