お役立ちネタ

【解決】ESTA申請できない!パスポートの発行日と有効期限が違うエラーの対処法は?

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限

米国に渡航する前に準備しておかなければいけないのが、”ESTA”という電子渡航認証システム。

2009年以降、アメリカへ入国する全ての外国人に対して、ESTAの事前申請が義務化されました。

ESTAの申請はインターネットで出発の3日前までに行っておく必要があり、手続きは簡単に行う事が出来ます。

しかし、パスポートの「発行日」と「有効期限」の日付が違うとエラーになってしまいます

こんな場合のエラーの対処はどうすればいいのか、調べてみました。

【解決】パスポートの発行日と有効期限が違ってESTA申請がエラーになる時の対処法!

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限

ESTAの申請画面に行き、右上か中央の黄色い申請ボタンを押します。

ESTA申請ページ

ESTAの申請は5段階で進めていきます。

  1. 必須項目の入力
  2. 選択項目の入力
  3. 入力内容の確認
  4. 申請料お支払い
  5. 申請完了

すべての項目は英語(ローマ字)の大文字で入力していきましょう。

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限
  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍

を入力します。

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限
  • Eメールアドレス
  • 電話番号
  • 電話種別

を入力します。

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁番地
  • 建物名
  • 部屋番号

を入力します。

郵便番号を入力すれば、市区町村までは自動で表示されるので、丁番地以降を入力してくださいね。

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限

問題の箇所にやってきました。

  • パスポート番号
  • パスポート発行年月日
  • パスポート有効期限満了日
  • 他国のパスポート有無
  • 出生国

を入力します。

普通のパスポートであれば、パスポートの発行年月日と有効期限満了日の月と日は同一になっています。

しかし、私は結婚による名前変更のため、パスポートを訂正しており、

  • パスポート発行年月日:2018年7月7日
  • パスポート有効期限満了日:2027年5月29日

となっています。

これを、そのままESTAの申請画面に入力してみます。

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限

パスポート有効期限満了日の下に「パスポート発行日と有効期限に誤りがあります。」と表示されてしまいました。

入力されたパスポートの有効期限が5年もしくは10年でない場合は、エラーが表示される仕様になっているようです。

このままだと、ページ下の申請ボタンが押せません

しかし、この場合の解決法はとても簡単!

ESTA 申請 エラー パスポート 発行日 有効期限

エラー警告下に新たに出現した「訂正旅券・公用旅券」の項目を「該当する」にチェックを入れるだけです。

これで、申請を進めることができました。




パスポートの発行日と有効期限が違うエラーはボタン1つで解決!

パスポートの発行日と有効期限が違うことによるエラーは、「訂正旅券・公用旅券」の項目を「該当する」にチェックを入れるだけで解決しました。

普段馴染みのないESTAですし、お金のかかる申請なので悩んでしまいましたが、解決方法は簡単でしたね^^;

米国に行く際は、出発3日以上前に忘れずにESTAの申請をするようにしてくださいね^^