芸能人

槇原敬之は覚醒剤使用を歌詞で匂わせ?Hungry Spiderはシャブ中に作られた曲だった!

槇原敬之 覚せい剤 歌詞 Hungry Spider

2020年2月13日に、覚せい剤所持の疑いで2度目の逮捕となった槇原敬之さん。

槇原敬之さんはこれまで、

  • 世界に一つだけの花
  • もう恋なんてしない
  • 冬がはじまるよ

など、タイトルを見れば、曲が頭に流れ出すくらい、有名で素敵な曲をたくさん作っています。

そんな槇原敬之さんですが、実はある曲は他の曲と違うテイストで、覚せい剤使用を匂わせていました。

槇原敬之さんが覚せい剤使用中に作った、「Hungry Spider」について調べてみました。

槇原敬之が覚せい剤所持で2度目の逮捕!

槇原敬之 覚せい剤 歌詞 Hungry Spider

2年前に当時の自宅で覚醒剤と危険ドラッグのラッシュを所持したとして、警視庁は13日、歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)=東京都渋谷区神宮前4丁目=を覚醒剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)の疑いで逮捕した。

組織犯罪対策5課によると、槇原容疑者は2018年4月11日、当時住んでいた東京都港区海岸3丁目のマンションの一室で覚醒剤0・083グラムを、同3月30日に同じ部屋でラッシュ約64・2ミリリットルを所持した疑いがある。警視庁は当時、室内にこれらの薬物があるのを確認していたといい、その後の捜査で容疑が固まったとして13日夕、自宅で逮捕状を執行した。

引用:朝日新聞デジタル

1度目の逮捕後、芸能界に戻り更生したと考えられていた槇原敬之さん。

やはり覚せい剤をきっぱり絶つのは難しいんですね・・・

これまで「世界に一つだけの花」や「どんなときも。」など、素晴らしい名曲を多数生み出している槇原敬之さん。

実は、覚せい剤使用を示唆する歌詞の曲がありました。




槇原敬之は覚せい剤使用を歌詞で匂わせていた!?

槇原敬之 覚せい剤 歌詞 Hungry Spider

槇原敬之さんが1度目に逮捕されたのが、1999年8月でした。

この逮捕に世間は大いに驚いたのですが、槇原敬之さんが逮捕される3か月前にリリースされた「Hungry Spider」の歌詞が、まさに”シャブ中に作られたのでは!?”と話題になっていました。


歌詞の中には、

  • 腹を減らした一匹の蜘蛛
  • 青い葉

というキーワードが散りばめられており、これらは

  • 蜘蛛=槇原敬之
  • 青い葉=覚せい剤
  • 蝶=槇原敬之を取り巻いていた当時のあらゆる状況

とも読み取れます。

歌詞の世界観からは、”覚せい剤の幻覚症状”のようにも感じますよね。

この「Hungry Spider」は、これまでの槇原敬之さんの曲のテイストと全く違ったため、違和感を感じていたファンも多かったようです。

一部では、ドラマ主題歌のためにこういうのを作ってくれと頼まれたとの情報もありましたが、リリースの3ヶ月後に逮捕されたので、「やっぱり覚せい剤の影響だったの!?」と疑惑が出ていました。

槇原敬之 同性愛者 カミングアウト 好きな男性のタイプ
槇原敬之が同性愛者をカミングアウトしていた!好きな男性のタイプは?2020年2月13日に、覚醒剤所持の疑いで逮捕された槇原敬之さん。 2度目の覚醒剤使用による逮捕で、槇原敬之さんが同性愛者だった事...
槇原敬之 汗 覚せい剤
【画像】槇原敬之がテレビで異常な汗をかいていたのは覚せい剤のせいだった?2020年2月13日、歌手の槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。 槇原敬之さんが覚せい剤で逮捕されるのは、これ...
槇原敬之 激やせ ハゲ 覚せい剤
【比較画像】槇原敬之がハゲ&激やせした理由は覚せい剤だった!2020年2月13日、覚せい剤を所持していたとして、歌手の槇原敬之さんが逮捕されました。 槇原敬之さんは数年前から風貌が大きく変化...